1. 注意事項/Notes


Super RandonnéesACPが認定するブルベで2009年に最初のルートができました。BRMとの大きな違いは山岳Permanents(パーマネント)だということです。

 

SR600はパーマネントです

パーマネントは古くからあり、ACP認定以外のものも数多くあります。UKRUSAなどでは以前から独自のパーマネントが行われています。日本では2019年にAJ Permanentができました。パーマネントは統括団体によってそれぞれのルールがありますが、共通しているのは二点です。

 

パーマネントの共通点は2

1.    常設ルートの公開

OrganizerあるいはRoute Ownerなど呼び方はさまざまですが、パーマネントでいうオーガナイザーはイベントを主催するわけでなく、キューシートやGPSデータなど走行に必要な情報を提供するルート所有者です。パーマネントは常時ルートが公開されており、通行止めなどがなければ走れます。

 

2.    走者自身が出走日時を決める

出走者自身が自由に出走日時を決めます。ただし、パーマネントもブルベのひとつなので、必要な手続きをしてルールに従わなければいけません。条件を満たしていれば、結果として認定を申請できます。
手続きを怠ったり、ルールを無視すれば、それは単にサイクリングしただけであり、ルートオーガナイザーは関知しないということになります。
しかし、走者がスタートする日時を自由に選択できるということは、自己完結・自己責任がより強く求められ、サイクリストとしてのスキルが必要になってくるのです。

 

Super Randonnéesとは

ACP認定のSuper Randonnéesは走行距離600km以上(最長619km)で累積標高10,000m以上を登るチャレンジングなもので通称SR600と言います。
厳しいルートを幅広く楽しめるように、ランドヌール部門とツーリスト部門の2つが用意されており、どちらで出走するか選ぶことができます。
どちらで走っても、完走すると、ACPから認定を得ることができ、等しく賞賛されます。
ただし、BRMであれば、主催者が道路状況などを確認しますが、出走日時を自分で決めるSR600はすべて走者自身が確認します。
各走者に合わせて、オーガナイザーが直前の試走や下見をすることはありません。
ルートが通行止めとなっていないか、走れる状態にあるか、走者自身が調べるのです。
自分で決めた日時に出走、完走し、すべての点でルールと条件を満たしていれば認定の申請をできるのです。

 

【ツーリスト部門】

規定時間はありません。
平均175km以上を毎日走って完走すれば認定の申請ができます。
キューシート上の任意の地点からスタートできます。
任意の地点からスタートする場合には、事前申告が必要です。スタート日時の申告は不要でいつでもスタートできます。

 

【ランドヌール部門】

60時間の規定時間内に完走すれば認定の申請ができます。
キューシートに指定された場所からスタートし、フィニッシュしなければなりません。
登録時に申告した日時にスタートしなければなりません。
ただし、実際に出走する1週間前までに新たな日時を連絡すればスタート日時を変更できます。
途中のPCにはオープン・クローズ時刻はありません。

 

重要事項

・SR600は競争ではありません。ヒルクライムの力を競い合うものでもありません。ランドヌール部門の完走者の走行時間が公開されることはありません。

・Audax Japanサイトに掲載されているSR600のルールを理解した上で出走してください。
 交通規則の遵守、装備などはBRMルールと同じです。サポートに関してはPCでもサポート禁止となります。

・SR600JSはコース上に冬季通行止めとなる区間があります。
 通行可能時期は参加者が各自で調べます。
 また、雨量制限や災害等によっても通行止めになる可能性もあります。
 オーガナイザーはこれらを調べて連絡することはありません。
  【参考】
   群馬県管理道路冬季閉鎖について
   群馬県内の大雨等による通行規制情報(国道・県道)

・DNFしたら必ずメールで連絡をください。
 SR600DNSがなくなったことから、認定申請もDNF連絡もない方はずっとエントリーリストに載り続けることになります。
 運営の手間を必要最小限にするためにDNFした人はエントリーリストから除いていく必要があります。
 そのためDNFしたら必ず連絡をください。ご協力よろしくお願いします。 

・ランドヌール部門で出走し制限時間(60時間)以内にゴールできない場合でも、スタートとゴール、PCの通過証明の写真が揃っていれば、ツーリスト部門で認定を受けることができます。  

・完走後に、条件とルールを満たしていれば認定の申請をしてください。
 AJ群馬は申請内容を確認して、認定に必要なものがすべて揃っていれば、Audax Japanを通してACPに認定の手続きを行います。 

・SR600の出走には賠償保険加入が義務付けとなります。
 万一、保険未加入で出走した場合には、走行そのものがSR600とは認められません。
 したがって、認定もありません。
 保険に関しては 【2. 保険/Insurance】をご覧ください。

 ・走行中は私的なサイクリングと見なされ、あらゆる事故に対してAJ群馬は責任を負いません。 



以上、しっかりと出発準備、走行プランをたてて安全にランドネを楽しんでください。

 

 

概要ページに戻る