任意装備

◆ブルベカード
ビニール袋等に入れて、雨や汗で濡れないようにしてください。
ブルベカードは折り目に沿って三つ折りにでき、三つ折でサイズは横81ミリ、縦130ミリとなります。
PCのレシート等も同時に入れておけるB7以上のチャック付きポリ袋やひも付きのビニールケースが便利です。


ブルベカードは、スタートからゴールまで常に携行し、DNF(リタイヤ)や事故の際は、ブルベカードに記載されている連絡先に連絡をしてください。
ゴールの際に「所要時間」「ご自身のサイン」を記入していただき、スタッフが回収します。後日ACPの認定シールを貼付して返送します。
ゴールでカードを持ち帰ってしまうと、DNFとなりますので気をつけてください。

◆キューシート
キューシートでは、次の目印までの距離や交差点での進行方向が指示されます。
主催者が開示したキューシートに従い指定ルートを走行してください。
走行中に簡単にキューシート確認が出来るようにしてあると便利です。

自転車への取り付け例


キューシートは、レーザープリンタやコピーを使用して、濡れてもにじまないようにしてあると良いです。
(インクジェットプリンタは濡れた場合、読み取れなくなります。)
また、キューシートの代わりにGPSにルートを入れて走ることも可能です。
参加者の責任において、工夫してください。
いずれの方法であっても、走行中に注視することで事故とならないようにお願いいたします。

◆サイコン
キューシートで指定された距離を計測するのに便利です。

◆ヘルメットライト
日没で暗くなると、キューシートもサイコンも見えません。
また、道路標識や目標物を確認する為にも、視線の先を照らすライトがあると便利です。


◆ヘルメット尾灯
400kmからは装着が規定されています。
日没やトンネル等で自分の存在を後続車両に伝えるために、有効な装備です。
200kmから装着を推奨します。

点で明るいタイプ      全方向から視認できるタイプ


日没までに完走できる自信がある方でも、ライト・尾灯を装備してください。
どんなに自信が有っても、ミスコースやトラブルですぐに時間は無くなり、日没が迫ってきます。
ゴールはスタートから13時間30分後まで可能です(200kmの場合)あきらめずにゴールを目指すためにも、十分な装備をしてください。
また、DNFした場合に自宅や車まで戻る為もに、夜間走行の備えをしてください。