『ブルベはレースではありません』

『ブルベはレースではありません』

この言葉はAJや各主催者のホームページ、ブリーフィング等で、繰り返し参加者の皆様に伝えられていると思います。これは単にタイムや順位を争わないと言うことだけではありません。

レースでは、コース及び参加者は全て主催者がコントロールしており、コース上の安全が確保されています。それゆえに参加者は走ることのみに専念することが出来るのです。

しかしブルベにおいて、主催者はコース及び参加者のコントロールはしません。各参加者が自身の判断で自分の安全を確保して走るものです。また、自身の安全を確保した上で、道交法を含む各種法令等を遵守することはもちろん、モラルやマナーを守ることも大切です。

BRM走行中に何かの障害が生じると、自力での対応に迫られます。そのために何かの方策を考えたり、時間に身を委ねたりする事も必要になると思います。それぞれの状況により何が正しい判断かは異なると思いますが、第一に考えることは自身の安全であり、周囲に危険を及ぼさないことです。次に法令等の遵守、モラル・マナーを守ることであり、ブルベを走ることは最も優先度の低い事です。

時には、コース上を走ることが困難な事態に遭遇することがあるかもしれません。その時は『ブルベはレースではない』を思い出して走ってください。コース上の障害により、コース上を走ることが困難となり、迂回する事は問題ではありません。あなた自身を危険に晒すことこそが問題なのです。

ブルベに参加するといろいろな事が起きます。その一つ一つをうまく乗り越えて走り抜く事がブルベの楽しみの一つだと思います。

大いにブルベを楽しんでください。


AJ群馬主催のBRMで、交通法規違反や危険行為等があった場合、該当BRMを失格すると共に、以降の参加をお断りします。


(最終更新日:2012年4月26日)