【(N2BRM)BRM1016群馬200】PC3のクローズ時間不問について

掲題のとおり、10/22~10/31に出走される方(出走された方)に関して、PC3のクローズ時間を不問とし通過チェック扱いに変更します。

【変更理由】

赤城根橋損傷による通行止めで、薗原ダムの天端市道(堰堤)を使い、しゃくなげの湯へ通ずる迂回路を設定していますが、10/22~11/6の間の日曜日を除く全日一部の時間帯のみ通行規制がかかりました。

この通行止めを迂回しようとすると、12kmの迂回となってしまうため、直後に設定しているPC3についてBRM/AJ規定 第10条によりタイムオーバーを不問とします。(実質的にPC3は通過チェックとなります)

ゴールの制限時間は変更ありませんので、そこはお間違えないようにお願いします。

BRM/AJ規定 第10条抜粋

すべてのチェックポイントにそれがオープンしている間に到着しなければならない。もし走者がクローズ後のチェックポイントに到着し、その遅れが不測の事態であり走者が管理できないこと(例えば交通事故の救助で停止した場合や道路の封鎖等)に起因するものであると主催者が認めた場合、主催者はタイムオーバーを不問にし、走者に走行を継続させることができる。

https://www.audax-japan.org/brevet/brm/brm-part-regulation/

AJ群馬 BRM1016担当 竹内